自己破産の申告は端的に定義するならば弁済不可能の裁定を受理した時に借り主が保持す

  • 2018.04.22 Sunday
  • 15:40
自己破産の申告は端的に定義するならば弁済不可能の裁定を受理した時に借り主が保持する全部の財産(生きていく上で最小限必要なものだけは残しておくことを許可されている)を奪われてしまう引き換えにほぼ一切の借金が免除にできるものです。

破産宣告以後、稼いだお金や新たに得た財貨を借金に使ってしまう必然性、強制力はなく借入者の社会復帰を図るために整備された仕組みとなっています。

借金整理の問題を負う人々が常々持っている悩みで自己破産の申告を実行することに対する不安が存在します。

会社の同僚に知れ渡ってしまい以後の社会生活に良くない影響を与えるのでは?などと考えてしまう方が非常に多いのですが現実には不安に思わなければいけないような事実は少ないといえます。

破産の手続きは多くの借金、身の丈を越えた借金で生活の維持が困難な債務者を窮地から救うことを目的として国家的に作成した制度です。

自己破産をしたものについては後の日常で不都合を強いられるような事はなるべくないように定められた枠組みです。

しかし自己破産というものを行うにあたっては確実に満たしておかなくてはならないことがあることを忘れないようにしましょう。

それは債務をどうしても返すことができない(債務返済不能)であるという民事的な認定です。

負債の多寡や申請時の給料を斟酌して申立人が返済出来ないであろうという風に裁判所に判定された場合自己破産というものを実行できるのです。

例を挙げると、申立人の多重債務の合計が100万円であることに対し給料が10万円。

そんな場合は弁済が著しく困難であり、債務の返済が不能というように見なされ自己破産というものを行うことが出来るようになると定められています。

一方で職の有無といった事情については制度上あまり考慮されることではなく、自己破産の申告は継続的に給料を得たとしても債務返納が著しく困難である状態の者に適用されなければいけないという要件がありますため労働出来る状態である上に、労働出来る環境にあると判断されれば借金のトータルが二〇〇万円に到達しない時は、自己破産申立てが受理されないといったことも起こり得るのです。

「公務員試験 就職活動中(一度就職して退職)の大学卒のフリーターです。 公務員試験...」 より引用

公務員試験 就職活動中(一度就職して退職)の大学卒のフリーターです。 公務員試験で、県庁、消防署、自衛隊、警察を受験予定していますが、社会人1年目、就職浪人中の生活費と予備校通学 費用で、250万のフリーローン借金(銀行)があります。 もし無事に、県庁、消防署、自衛隊、警察に合格したとして、フリーローン(銀行系)借金が原因でクビ、配置換えの可能性はありますか? 公務員試験サイトの情報を調べ…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋


民事再生という方法は住宅のためのローンも含む多重債務の問題に悩む方々を対象として

  • 2018.04.08 Sunday
  • 02:26
民事再生という方法は住宅のためのローンも含む多重債務の問題に悩む方々を対象として住んでいる家を維持しながら経済的に立ち直るために処理方法として適用されたルールです。

民事再生という制度には、破産とは異なり免責不許可となる要件はないので、賭博などで債務ができた場合においても民事再生はOKですし、破産手続きをしてしまうと業務ができなくなりかねない業種で収入を得ている人でも民事再生は行えます。

破産手続きの場合は住宅を手放さないことは無理ですし特定調停等では借金の元金は支払っていかなくてはなりませんので、住宅ローンなどを含めて完済するのは多くの人にとっては簡単なことではないでしょう。

といっても、民事再生による処理を取ることができれば住宅ローン等を除く借金は多くのお金を減ずることが可能なため、十分に住宅ローンを返済しつつ他の借入金を返済していくこともできるということです。

でも、民事再生という選択肢は任意整理による手続きや特定調停と違いある部分のみの借り入れだけを省いて処理をすることはできませんし自己破産におけるように債務が消えるわけではありません。

さらに、それ以外の解決方法と比べても手続きの方法が煩雑で時間もかかりますので、住宅ローンなどを持っていて住宅を維持したい状況などを除外して、自己破産などその他の整理ができない場合だけの最後の手段と見ておいた方がいいでしょう。

「長文です… アパートに住んでいるのですが、6月に更新で悩んでいます。 越してか...」 より引用

長文です… アパートに住んでいるのですが、6月に更新で悩んでいます。 越してから1年半位に、前に住んでいた方の闇金が夜21時半程に突然来ました… 知らないと言っても中々帰らず怖いので翌日に警察と不動産屋に電 話しました。また来るかも、とか留守の間に来てたら…とか思うと更新したくないです。でも、一度は更新すると契約の中に入っているし… また引っ越しとなるとお金もかかるし… 何か不動産屋と相談する方法…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋


免責不許可事由は自己破産をする人に対し次のような件に含まれている人はお金の帳消し

  • 2018.03.26 Monday
  • 11:29
免責不許可事由は自己破産をする人に対し次のような件に含まれている人はお金の帳消しを認めないとなる内容をならべたものです。

つまり、極端に言ってしまうと返すのが全く不可能な人でも、その事由にあたっている時には負債の帳消しを却下されることがあるという意味になります。

ですので破産申告を出して負債の免除を得ようとする際の最も大きな難関がつまるところの「免責不許可事由」ということなのです。

次は不許可となる事項の概略です。

※浪費やギャンブルなどで、資本を減らしたり、膨大な借金を抱えたとき。

※破産財団に含まれる私財を隠しこんだり、破壊したり、貸方に不利益となるように譲渡したとき。

※破産財団の負債額を意図的に多くした場合。

※破産申告の責任を負うのにある債権者になんらかの利益を与える意図で資本を提供したり、弁済前に借り入れを払った場合。

※前時点において返済不可能な状況なのに、それを偽り債権を有する者を信じ込ませてさらに融資を求めたりカード等を利用して品物を買った場合。

※偽りの債権者名簿を裁判に提出したとき。

※借金の免除の申請の前7年以内に債務免除をもらっていた場合。

※破産法のいう破産手続きした者の義務に違反したとき。

これら8つの内容にあてはまらないのが免責の条件とも言えますがこれだけで実際的な実例を考えるのは、十分な経験に基づく知識がないと簡単なことではありません。

くわえて、判断が難しいのは浪費やギャンブル「など」と記載していることによって想像できますがギャンブルなどはそれ自体は数ある中のひとつというだけでギャンブル以外にもケースとして書いていないものが山のようにあるということです。

書いていない場合は一個一個状況を言及していくときりがなく具体例を言及しきれない場合や判例として出た実際の判決による事例が考えられるのでそれぞれの場合において当たるかどうかは普通の方には簡単には判断がつかないことがほとんどです。

いっぽう、この事由に当たっているなどとは思ってもみなかった場合でも不許可決定を一回宣告されてしまえば、その決定が元に戻されることはなく、負債が残ってしまうだけでなく破産者という名の不利益を7年間負い続けることになるのです。

ということから、結果を回避するために破産の手続きを考えているときにほんの少しでも憂慮している点や理解できない点がある場合はまず経験のある弁護士にお願いしてみて欲しいのです。

「闇金ウシジマくんで、お金を返さなくていい理由は「不法原因給付」だから債務者に...」 より引用

闇金ウシジマくんで、お金を返さなくていい理由は「不法原因給付」だから債務者に支払い義務はないって書いてありましたけど… 「不法原因給付」ってなんですか? 頭悪くてすみません、ググって解説診てもよくわからないです……(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋