スポンサーサイト

  • 2018.06.12 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    自己破産を実行しても裁判所から近親者に連絡がいくなどということは考えにくいと言え

    • 2018.05.28 Monday
    • 14:46
    自己破産を実行しても裁判所から近親者に連絡がいくなどということは考えにくいと言えます。

    なので親族には秘密が明らかになってしまわないように自己破産手続きできないとは申しません。

    ところが、現実問題として、自己破産というものを申立てる時に役所から同居中の親族の月給を記した証書や預金通帳のコピー等の証明書類の提出を余儀なくされるというといったことがありますし借りたところから家族や親族へ催促が来るような場合もよくありますから近親者に明らかにならないように自己破産実行できるという100%の保証はないといえるでしょう。

    近親者に隠してそれ以後に気付かれてしまうことに比較すると、本当のことを恥を忍んで打ち明けて家庭のメンバー全員で破産の申告を乗り切る方が望ましいといえるでしょう。

    また一緒に住んでいない近親者に関しては自己破産というものを行ったのが知れ渡ってしまうなどといったことはないと理解してください。

    夫あるいは妻の債務を失くすことを念頭に離縁することを検討する早まったカップルもいるとのことですが、まずたとえ夫婦だとしてもまず当人が書類上の連帯保証人という立場にならないということであれば法律的な支払い義務は発生しないのです。

    ただし、保証人という身分を請け負っている場合は仮に別れることを行ったとしても民法上の義務は残存しているから法律上の支払義務があると思われます。

    だから、離婚届の提出を行うことで貸与されたお金の支払義務が解消するということはありません。

    ところで、往々にして貸し主が借りた人の近親者に督促をしてしまうといったことがありますが連帯保証人や保証人を請け負っていない場合であれば親と子供や妹と姉というような家族や親族間の返済義務であろうとも借りた張本人以外の親族に法律上の支払に対する強制力はあり得ないのです。

    それ以前に債権者が法的な支払義務と関係のない家族の人に対して支払の催促を実行することは貸金業規制法を参照する上での金融庁の業務基準で規制されているため、支払の請求の手段によっては貸金業を規制する法律の支払の請求の規制に反することにもなります。

    従って支払義務を持っていないにも関わらず借り手の家庭が取立てを受けたというならば債権を持つ会社に対して取立てをやめるよう注意する内容証明の郵便を出すのがよいでしょう。

    よく債務を負った人本人がかわいそうでならないからといって当人以外の親族が返済義務を代理となって返してしまうということもまりますが借りた本人それに安心して何回も多重債務の形成を蒸し返してしまうことがよくあります。

    なので債務をもつ本人立場において考慮すれば本人の手によって返済義務を返済させるか、それが現実的でないようであれあば破産の申立てをさせる方が債務者本人の更生をまっとうするためには良いと思います。

    「映画通の定義はなんじゃ?」 より引用

    映画通の定義はなんじゃ?…(続きを読む)

    引用元:Yahoo知恵袋


    スポンサーサイト

    • 2018.06.12 Tuesday
    • 14:46
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする